白山ハクサン火山カザンカンする記録キロク記事キジ
飛鳥アスカ時代ジダイ終盤シュウバン 706ネン(慶雲ケイウン3ネン 8ガツ越前エチゼンヤマワザワがあってまないので、国守クニモリ奉幣ホウヘイ使ツカ越前エチゼン部内ブナイ神社ジンジャててイノリった。(ゾク日本ニホン
平安ヘイアン時代ジダイ前期ゼンキ 926ネンエンナガ4ネン 白山ハクサンくずる(ネンレキテノヒラセン
平安ヘイアン時代ジダイナカ後期コウキ 1042ネン長久チョウキュウ3ネン リョウゼイというソウが、越前エチゼンシツ参詣サンケイジン悪行アクギョウをはたらいていた。これをき、加賀カガ馬場ババ行者ギョウジャスウ十人ジュウニン越前エチゼン馬場ババき、このソウムロともどもいた。そのヨル行者ギョウジャたちは加賀カガムロまり、ツギソウ一人ヒトリノコしてカエった。そのソウ加賀カガムロまっていると、夜半ヤハン大声オオゴエがあり「ムロからろ」といってイシムロげてきた。そのウチイシげつけるのがアメのようになった。ソトてみたところ山頂サンチョウホウに2童子ドウシがいた。その童子ドウシ土石ドセキムロめた。土石ドセキったあとが2ケショあり、そのヒトつがミドリイケである。室堂ムロドウまったところに、室堂ムロドウ木材モクザイハシがみえた。(白山ハクサン之記)
平安時代後期 1177ネン承元ジョウゲントシ 4ガツ12ニチ白山ハクサンモトアサ年代ネンダイ
鎌倉カマクラ時代ジダイ 1239ネンエンオウ元年ガンネン 白山ハクサンヤマト漢三才カンサンサイ図会ズエ、本朝年代記)、このトシ白山ハクサン噴火フンカ分類ブンルイ本朝年代記)、8ガツ17ニチ白山ハクサン本宮ホングウジンヌシモリミヤクラから出火シュッカし、神社ジンジャ以下イカ21焼失ショウシツ白山ハクサンミヤショウゲンコウナカ記録キロク
室町ムロマチ時代ジダイオワゴロ 1547ネン天文テンモン16ネン 5ガツマツから、白山ハクサン山頂サンチョウからし、ケムリ土砂ドシャした。(猿丸サルマル又右マタ門家モンケカゲル由緒ユイショショ)。加賀カガ白山ハクサンゲンギンドウ(年歴掌箋)
1548ネン天文テンモン17ネン 白山ハクサンく(本朝年代記)
1554ネン天文テンモン23ネン 4ガツ1ニチに、山頂サンチョウよりケムリがった。山伏ヤマブシを遣わして、調べさせてところ、剣ケ峰の南の方が焼け上がり、大きな石を吹き上げて、白山奥宮正殿の床の間の屋根が打ち抜かれた。5月には、灰と硫黄が流れ、魚が死に、人々は川の水を飲まなかった。6月頃になると、剣ケ峰全体から煙が立ち上がった。10月8日に、大地震が起き、人々は非常にオドロき、鶴来の白山本宮までも煙が充満した。活動は1556年に止んだ。(白山宮荘厳講中記録)
安土アヅチ桃山モモヤマ時代ジダイ 1579ネン天正テンショウ7ネン ゲツ26ニチ地獄ジゴクタニよりイシり、シャ御神体ゴシンタイコワした。翌年ヨクトシの6ガツ織田オダ信長ノブナガシャを3つ再建サイケンした。(古今コキンルイジュウ越前エチゼンコク
1582ネン天正テンショウ10ネン 6ガツ2ニチゴロに、コククモて、そのナカから法師ホウシカタをしたモノが3ニンえた。(コンテキシャ
1599ネン慶長ケイチョウ4ネン 白山ハクサンった(混見摘写)
1600ネン慶長ケイチョウ5ネン 白山ハクサンった(混見摘写)
江戸エド時代ジダイ初期 1645ネン天保テンポウ2ネン 4ガツ5ニチと4ガツ26ニチに、白山ハクサンった(混見摘写)
1658ネン万治マンジガンネン 9ガツ4ニチに白山が鳴った(混見摘写)
1659ネン万治マンジ2ネン 6ガツ8ニチに、白山ハクサンミドリイケウエコクウンた。しばらくして、幾度イクド幾度イクドオトがなりヒビいたノチクモナカより坊主ボウズなりをしたモノが3ニンアタマをならべて出現シュツゲンした。その白山ハクサン度々タビタビオトし、そのスウカゾれないくらいになった。6ガツ18ニチから6ガツ20ニチまで、越前エチゼンクニナカにあしウマのようなものがった(長滝ナガタキテラソウゲン執事帳)
昭和ショウワ時代 1935ネン昭和ショウワ10ネン 3ガツ湯之谷ユノタニカワ支流シリュウセン才谷サイタニにかかるセンジンタキ噴気孔フンキコウ出現シュツゲンし、当時トウジ新聞シンブンニギわした。
1968〜1969ネン昭和ショウワ43ネン〜44ネン カンクラガワ絶壁ゼッペキチカくは地表チヒョウから熱気ネッキているのか、直径チョッケイ70cm〜1mグライアナがいくつもある。ナカアッタかくかすかに硫黄イオウのにおいがする。(伊藤イトウジンオット越冬エットウ日記ニッキ
白山ハクサンガイドマニュアル、カセノホカ白山ハクサン噴火フンカ記録キロク、その文書ブンショより)
前ページへ戻る