国の天然記念物「桑島の化石壁」

桑島の化石壁
 中生代ジュラ紀から白亜紀にかけて堆積した泥岩、砂岩の
互層(互いに重なり合う)が見られる露頭で、通称「桑島の
化石壁」といわれている。
ここからは恐竜の牙や足跡の化石、シダ類の化石などが見つ
かっている。手前は、手取ダム湖の湖面。
前ページへ戻る