イワウメ
イワヒゲ
ホンドオコジョ

7月13日、白山国立公園山頂付近ではイワヒゲやイワウメなど比較的早咲きの常緑
小低木の白い花が、岩の割れ目から顔を覗かせていました。
室堂周辺では、オコジョ数匹が岩の間隙をちょこちょこ走り回っていました。
体長20cm前後のオコジョは可愛いものですが、大変どう猛です。噛まれることが
ありますので手を差し出さないようにしましょう。冬には尾の先を残して真っ白に衣
替えします。
日本には、中部以北で生息するホンドオコジョと北海道のエゾオコジョがいます。
エゾオコジョはホンドオコジョより一回り大きく、尾の2分の1程度先が黒く、ホン
ドオコジョは3分の1程度。
ホンドオコジョは4月下旬〜5月上旬に出産するといわれ、1回に4〜6子を産み、
妊娠期間は33日です。5〜6カ月程度で1人立ちできるようになるといわれていま
す。(2003年7月12・13日 撮影:吉本敦子)

前ページへ戻る